低用量ピルの服用間隔を守れず飲み忘れる危険性

低用量のピルは避妊に使用できることでよく知られていますが、飲み忘れて服用する間隔を間違えてしまうと避妊が成功しない場合があります。
通常、低用量ピルというのは28日周期で服用することになっています。具体的には1日1錠服用し、それを連続28日間継続します。
このため、28錠分が1つのシートとなっていることが多く、何日目にどれを服用すれば良いのかがわかるようになっています。
ちなみに1つのシートを全て飲み終わるとまた未使用の28錠のシートの1錠目から服用していくことになります。
このように28日周期のピルを服用する場合は避妊に成功する確率が高くなります。しかし一方21錠タイプのものであると、服用する上で飲む間隔に注意する必要があります。
飲む間隔を間違えてしまうと避妊がうまくいかない場合があります。これはどういうことかと言いますと、そもそも21錠タイプというのは21日間連続服用した後、7日間全く服用しない期間が設けられます。
そしてその後また21日間服用するのですが、実際はこの空白の7日間を過ぎてもまた21錠タイプを再開しないケースがあるのです。
28日タイプの場合であれば服用しない期間も効果の無い偽薬を服用して1日1回飲む習慣が崩れないようにするのですが、21日タイプでは全く服用しない期間が含まれるために飲む習慣を身につけるのが難しいのです。ピルは1日飲み忘れると次の日に2錠飲む必要があります。
2日以上飲み忘れると、一度生理が来るまでピルの服用を止めて、生理が終わった後にまた再開することになります。
ではどのように対策を講じれば良いのでしょうか。
一番簡単なのは飲み始める日と飲み終わる日、そしてまた再開する日をカレンダーに記入して、毎日そのカレンダーを確認して期間がずれていないかどうかを確認するようにしてください。
毎日飲んだ後にカレンダーにチェックするのも良い方法と言えるでしょう。